鍼灸(はり・きゅう)の健康保険適用について

 

鍼灸の健康保険取扱いについて色々と制約がありますが、

健康保険を利用して鍼灸治療を受けるのは可能です。

 

下記に記載される病気は、健康保険で鍼灸治療を受けられます。

 

  1. 神経痛例えば坐骨神経痛など。
  2. リウマチ急性、慢性で各関節が腫れて痛むもの。
  3. 腰痛症慢性の腰痛、ギックリ腰など。
  4. 五十肩肩の関節が痛く腕が挙がらないもの。
  5. 頸腕症候群頸から肩・腕にかけてシビレ痛むもの。
  6. 頸椎捻挫後遺症頸の外傷、むちうち症など。
  7. その他これらに類似する疾患(例:変形性関節症や関節炎、手術後疼痛)など。

 

  • 簡単に言いますと、
    慢性的な「痛み」の症状を伴う病気への鍼灸治療が健康保険の適応となります。

 

  • ここで注意しなければならないポイントがあります。

 

  • 健康保険で鍼灸治療を受けるには、あらかじめ医師の先生が診察したうえで発行した「同意書」(もしくは診断書)が必要となります。
    病医院(クリニック)と違い、初来院でいきなり健康保険を利用してかかることができません。

 

  • 健康保険を利用して鍼灸治療を受ける際は、下記の内容にご留意くださいますようお願いいたします。
  1. 健康保険で鍼灸治療を受けている期間、医師の同意を得た病気については、病院(クリニック)の診療(薬や湿布などの処方・リハビリ)・接骨院(整骨院)で医師の同意を得た病気と同じ部位に対する施術が受けられません。
    例:腰痛症で鍼灸治療を受けている期間、病院で腰の注射・痛み止めなどの薬と湿布の処方・リハビリは受けられませんが、腰の検査(レントゲン・MRI・CTなど)は受けていただけます。
  2. 10月1日から同意書の有効期限は約6か月間になりました。
    約6ヶ月以降も継続施術が必要な場合、同意いただいた主治医の先生による同意書再発行が必要になりました。再同意を得られましたら、施術を継続できます。
  3.  健康保険の種類によっては、取扱いが出来なかったり、患者さまご本人が手続きをしなければならない場合(償還払いという立替払い方式の取扱い)もありますので、当院へお問い合わせください。
  4. 単なる肩こり疲労回復病気予防(月一回・数か月に一回など定期的な身体の予防メンテナンス)慰安(リラクゼーション)目的でかかることは出来ません。法令順守にご理解下さい。

 

  • 健康保険を利用した鍼灸治療は
    社会生活が苦しく経済負担ができない方で痛みに対する集中治療が必要なうえ、
    当院の施術方針に従い通院していただける方にお勧めしております。

健康保険で鍼灸治療を受けるために必要な手続きの流れ

1、先ずは当院へご予約のうえ、ご来院ください。

 

初回は基本的に自費で治療を受けていただきます。

※社会生活が苦しく経済負担が難しい方は必要最小限のカウンセリングのみとなります。

 

施術後、当院で医師の先生宛の鍼灸施術同意依頼書と共に同意書を準備、お渡しいたします。

普段かかりつけの先生に同意書をお書きいただくのがが望ましいです。

かかりつけの先生がいない場合、当院へご相談ください。


2、同意書を持って病医院(クリニック)へ行き、(かかりつけ医の)先生の診察を受けたうえで、同意書に必要事項を記入していただいてください。

3、(かかりつけの)病院・医院・クリニックで診察を受けて、同意書を発行していただいた日から2週間(14日)以内に同意書保険証認めの印鑑を持ってご来院ください。シャチハタは使用できません

 

健康保険を利用して、鍼灸治療を受けていただけます。

※2週間以上経っても施術が開始されない場合、再び病院へ行って同意書を発行していただくことになりますのでご注意ください。

 

健康保険適用の鍼灸治療を受けた場合、

申請用紙に認印と自筆のサインが必要になりますので、

捺印とサインの記入をお願いいたします。

 

 

健康保険で鍼灸治療が受けられる期間は、

同意書を発行した日から約6ヶ月になります。


6ヶ月目も痛み・しびれ症状が残り鍼灸治療の継続が必要な場合、6か月ごとに同意いただいた主治医の先生の書面発行による再同意が必要となります。

 

再同意の日付が近づきましたら、

こちらからお知らせいたします。

 

10月1日から同意書の再発行が必要になりました

 

病院へ行き、担当主治医の先生から「鍼灸治療を続けて良いですよ」と再同意の書面発行がいただけましたら、6ヶ月目以降も鍼灸治療を続けられます。

 


当院では鍼灸の健康保険が適用となる痛み症状があり、寝たきり・自力歩行が不能または自力歩行が困難・真に安静が必要とされる方に鍼灸出張施術を行っております。

 

健康保険を利用しますので、介護保険の費用限度が満額に近い方もご利用いただけます。

また、出張場所の距離により変動ありますが、出張料金も健康保険に含まれております。

 

脳梗塞など身体の血流障害のため抗血液凝固剤(ワーファリン・バイアスピリンなど)を服用されている方や鍼灸が怖い・痛がり熱がりなど知覚過敏体質の方には、刺さない鍼でツボや皮膚に当てる・さするといった方法で施術いたします。

また、火を使わないお灸(電気灸)で身体を温めていきます。火を使わないお灸(電気灸)は、火器使用制限のある高齢者専用住宅いわゆるシルバーマンション、グループホーム、ケアハウスなどでも使用できます。

 

ご家族さま・介護関係に従事されているみなさまへ

当院は安心・安全な鍼灸治療に取り組んでおります。

寝たきり・歩行困難のために自力で通院できず痛みでお悩みのかたがおられましたら、一度ご相談ください。

ご家族さま、ケアマネージャーさん・ヘルパーさんもご自身の健康管理に鍼灸治療を取り入れお受けいただきますれば、幸いに存じます。

 

鍼灸出張施術の詳細は、当院へお問い合わせください。

受付時間

 

月曜から土曜  午前9:00~正午12:00

月曜から金曜   午後3:00~午後6:30

 

 

【ご新規の患者さん受付】

午前の部は11:30まで 

午後の部は6:00まで

 

 

当院はご予約のかたを優先しております。

 

当日のご予約も歓迎いたします。

できるだけ事前にご予約ください。

 

※受付時間外・出張施術は応相談

 

定休日 日曜・祝日

学術研修や鍼灸関連学会への参加などで臨時休業になる日があります。


紀州接骨鍼灸院

〒641-0054 和歌山県和歌山市塩屋5-4-14

TEL : (073) 460-7679